HOME > 沖縄 > 沖縄おすすめの道の駅・市場

沖縄 道の駅・市場情報Information of Michinoeki and Market in Okinawa

このページでは、沖縄県でおすすめの道の駅と市場についての情報をご紹介しています。

読谷村 JAファーマーズマーケット「読谷ゆんた市場」手作りお菓子・総菜が充実

買い食い好きにおすすめ!B級ご当地グルメが充実

沖縄 ゆんた市場

ファーマーズマーケットとは、JAおきなわが運営する農作物直売所のこと。地元の新鮮な野菜や果物が手軽な価格で購入できます。道の駅よりも、より地元密着な雰囲気が魅力です。

読谷村の「読谷ゆんた市場」は、施設内に農産物加工施設を設置していることが最大の特徴。読谷の特産品「紅イモ」を使った、手作りの沖縄風お菓子やお惣菜が種類豊富に並びます。

Check1.手作りお菓子がいっぱい!

ポーポー、サーターアンダギー、タームパイ、などなど。どれも美味しそうで、目移りしてしまいます。読谷でお菓子といえば、紅イモタルトの「ポルシェ」が有名ですが、地元らしさや手作り感では断然こちらが上!

ただし、お土産用として作っていないので、スーパーの総菜売場のような簡易包装です。日持ちしない商品もあるので注意。

Check2.安くてボリュームたっぷり、沖縄の家庭風お惣菜

フーチバー入りジューシー(よもぎ入り炊き込みご飯)や、沖縄風天ぷら(厚めの衣で塩味がついている)、テビチ唐揚げ(コラーゲンたっぷりの豚足を甘辛く煮付けて揚げたもの)など、沖縄家庭料理のお惣菜も種類豊富です。

しかも、安くてボリュームがあります。付近の工事現場のおっちゃんたちも、こちらで購入したお弁当を、店の外のベンチとテーブルで食べていました。

沖縄道の駅 ゆんた市場

ぜんざいやおでんなどの料理を注文できるカウンターもあります。一番のおすすめは「紅豚モズバーガー」。

パンは、地元のパン屋さんが作る「残波産もずく入りパン」。具材は、ゆんた市場の野菜と、紅豚100%のハンバーグを使用。

かなりこだわりをもって開発したようです。お値段もそれなり?と思いきや、なんと¥250!

でも、お味は安っぽくありません。お肉はテビチ入りだそうで、言われてみるとちょっとコラーゲンぽい食感(ジューシーというよりモッチリ)かも。
パンはチェーン店のバンズのようにスカスカした感じではなくて、食べごたえあり。粒マスタードで和えられた野菜もよく合います。この値段でこの味は、かなり満足♪

もずくコロッケバーガー」もおいしいです。紅豚バーガーと同じバンズに、サクサクのコロッケと野菜がたっぷり入って、150円

注文が入ってから手作りしているので、ちょっと時間がかかります。外に風通しのいいベンチ&テーブルがあるので、読谷村役場の赤瓦を眺めながらのんびり待ちましょう。

ドリンクは「ゴーヤージュース ¥200」がおすすめ。梅ジュースで割ってあるので、ほんのり甘酸っぱく、青臭さや苦さはほとんど感じません。

Check3.読谷村の農産物いろいろ
アテモヤ 格安
これがアテモヤ
 詳細はコチラ

読谷といえば「紅イモ」。紅イモにも種類がいろいろあるのが面白いです。お土産に買って帰りたいのですが、植物検疫にひっかかるため、沖縄県外には持ち出せません。残念!
他には、ニンジン、冬瓜、メロンなども読谷村の特産品です。

季節のフルーツもお手頃価格で買えます。1月末に訪れたときは「アテモヤ」がありました!栽培が難しいうえ、収穫時期が12月〜2月と短いので、あまり流通していない果物ですが、これが超美味♪なのです。

ちなみに、常温でしばらく熟させてから食べる果物なので、買ってすぐは食べられないです。お土産におすすめ。

ゆんた市場 読谷村喜名2346-11 読谷村役場の裏です
電話098-958-1124

Copyright(C) Tabi-kioku.com All Rights Reserved.