HOME > 沖縄 > 沖縄移住

沖縄移住Okinawa

管理人の体験談をご紹介しています。沖縄に移住したい!という方は、ご参考まで。

沖縄移住情報 一覧

沖縄の不動産屋いろいろな噂がありますが、さて・・・

ウソ?ホント?
「内地の人に貸したがらない」「沖縄在住の保証人が必要」などのウワサ

結論から言うと、どちらも「ウソ」。とくに特殊な条件は求められませんでした。

「内地から沖縄に引っ越したい」と言うと嫌な顔をされるかも、と内心ドキドキでしたが、まったくそんなことはなく、皆親切でした。

ただし、「エイブル」「大東建託」など大手の不動産屋に限った話です。

個人経営の不動産屋だと対応が違ってくるかのも?(私は敷居が高い気がして利用しなかったので、はっきりしたことは分からないですが)沖縄に知り合いもツテもない内地の人間は、大手不動産屋を利用するのが無難といえそう。

沖縄で家探し 大東建託の場合

大東建託は自社管理物件のみを扱っており、他社にはない特典が利用できます。例えば、敷金・礼金・更新料が全て0円になるプランは、引越にかかる初期費用が少なくて済みます。取り急ぎ沖縄に引っ越して、落ち着いたら住み替えをしたいと考えている人には便利。

ただし、家賃総額の2.5%を毎月支払う必要があり、毎月の家賃が割高になります。さらに、退居時の原状回復費用も全額自己負担です。

また、大東建託は大家さん向けの広告に「大家の原状回復費負担なし」「大家の経年劣化修繕費負担なし」と宣伝しているので、シビアな原状回復費用を請求される可能性が高いです。

どこまでが借りる側の負担になるのか、事前にきっちり確認をとっておく必要がありそう。約束は口頭確認ではなく書面で残しておく、入居時の様子を写真に残しておく、などの自衛手段を考えておくと安心。(このあたりは、大東建託に限らず全ての不動産屋にいえますが)

ちなみに、大東建託は宅建協会に入ってないので、トラブルがおきても消費生活センターなどは手を出せないそうです。要注意。

沖縄で家探し エイブルなど他の大手不動産屋の場合

大東建託が自社物件だけなのに比べ、いろいろな物件を扱っています。

物件によって条件はさまざま。

店舗周辺以外の物件を取り寄せるのは手間がかかるようなので、住みたい地域が決まっている人は、その周辺にある店舗に出向いたほうが話がスムーズです。

管理人は那覇店で沖縄全域の物件をざっと紹介してもらう予定でしたが、結局、浦添市、うるま市の大手不動産屋にも行きました。

沖縄で家を借りる場合の、保証人について

エイブルと大東建託では、保証人が沖縄県民である必要はない、とのことでした。管理人はフリーランスなので、確定申告の写しの提出と、保証人協会への加入が必要になると言われました。

これは、沖縄にかぎらず、現在の住居を借りるときも同じでした。保証人協会はいろいろありますが、利用する場合は不動産屋から提案される事が多いよう。インターネットを利用して自分で探すこともできますが、悪徳業者もいるので注意が必要です。

現在、管理人が利用している保証人協会は不動産屋からの指定でした。ちなみに料金は、契約時に家賃の半月分、2年後に契約更新する際には、また家賃の半月分が必要という内容。保証人協会の他にも別途、保証人が必要で、(このあたり、フリーランスのツライところです)それは身内に頼みました。

貸主が保証協会の利用を認めない、という事もあるようなので、保証人についてどう考えるかは、不動産屋や物件次第かも。

沖縄の物件をインターネットで調べる

大東建託は、自社ホームページで掲載している物件と現地店舗で扱う物件は、ほとんど同じとの事でした。エイブルも同様だそう。

もちろん、沖縄に出向いたほうがいい物件に出会える確率は高いですが、インターネットを上手に利用することで、効率的に物件探しをすることができそうです。

Copyright(C) Tabi-kioku.com All Rights Reserved.